FC2ブログ
猫達5匹との日常を、ゆる~く過ごしている主婦の日記です☆
 映画「CAT’S」を観てきました(*^▽^*)
2020年01月31日 (金) | 編集 |
20200127-cats-main-950x572.jpeg
昨年の12月に東京に行った時、劇団四季の「キャッツ」を
観に行きたいなぁ~と思っていたんですが、
東京に住む友人が、「キャストが在日らしいよ。」って
言うので、う~~ん・・・別にいいんだけど。
でもまぁ、やめたんですけどね。
まもなく、映画化される!と聞いたので、
ラッキー☆
今日、観てきましたよ♡

高校の時に吹奏楽部で「キャッツ」の曲は
演奏していたので、テーマが流れるとワクワク♪
ただ、劇の内容は全く知らなかったので、
惹きこまれました。

野良ちゃん達が沢山集まる場所に、仔猫ヴィクトリアは捨てられました。
そのにいる猫達は自分を誇りに思う「ジェリクルキャッツ」と
呼びます。
今日は舞踏会と天上の世界に行き生まれ変われる猫1匹を
選ぶ日。選ぶのは長老おばあちゃん猫のオールドデュトロノミ―。

ヴィクトリアは、中に入れない老猫を気にかけます。
昔劇場の華だったグリザベラ。
今はボロボロで、皆に追放されています。

グリザベラが歌ったのがあの「メモリー」!!
私は今まで、猫の恋の歌だと思っていたんだけど、
グリザベラの「昔は華やかだった私・・・もう戻れないの?」
みたいな歌詞で・・・涙涙でした。

ヴィクトリアはグリザベラの手を引いて、
会場に入るのよね・・・(*´▽`*)
まぁ、あとは劇場で♪(笑)

沢山の個性的な猫達がいて・・・
猫好きは、観るべき価値があるわね。
うちの子5匹とも、「キャッツ」の
主人公ヴィクトリアって思えちゃいます💛


スポンサーサイト




 マチネの終わりに
2019年11月05日 (火) | 編集 |

MATINEE_poster_1.jpg

今日、病院に行って来たついでに、観たいと思っていた

「マチネの終わりに」という福山と石田さんの映画を

観て来ました。

プロのクラシックギタリストと、ジャーナリストのロマンス。

たった3回会っただけで、深い恋に落ちます。

いろいろ書きたいけど・・・やめときましょう。(笑)

 

大人の恋は、人知れずする事!←これ大事!

未来は変えられるけど、

過去も・・・辛い事も思い出に、風景に、今の自分や未来に

影響を与える必要な事なのかもしれません。

 

福山、フォークよりもクラシックギターが難しいと言っていました。

でもよく頑張りましたね!o(≧ω≦)o

使用曲で、習った曲があり、ちょっと嬉しかったです。

鑑賞後は、スッキリ感あり。



 10月からの新ドラマ☆どれを観ようかな?
2018年10月11日 (木) | 編集 |
 民放公式テレビポータル「TVer」(ティーバー)や、「dTV」、「Fulu」など、 
 便利な見逃し配信サイトがあってよく利用しています。

 コッチ地方では、「NHK2局」「日テレ」「TBS」「フジ」「テレ朝」しか映りません。
 それでも面白い番組を観れるんですけどね。「ポケモン」など「テレ東」の番組は
 日にちや曜日をずらして変な時間に放送されます。

 さて、今期のドラマ、





「SUITS」「僕らは奇跡でできている」「中学聖日記」
「けものになれない私たち」は観ました。
高橋一生のは、ほっこり観ていられます。
中学聖は、なんかヒリヒリする感じです。









こちらではやっていないのですが、「サイレントヴォイス」
「結婚相手は抽選で」「深夜のダメ恋図鑑」「過ちスクランブル」も観ました。
「サイレント」は言葉なしでも脳が自供している面白さ、
「ダメ恋」はただただ面白いです!
















これから始まる新ドラマでは、「黄昏流星群」は見逃せませんね!「リーガルV」も面白そう。相葉ちゃんの「僕としっぽと神楽坂」は必見!「部活」はキンプリ主演なので楽しみです♪(*^▽^*)




 君の名は。
2017年10月01日 (日) | 編集 |


 「君の名は。」上映してから早1年余り経ちました。
 すごい話題作なのに、観ていませんでした。
 「GYAO!」で、観終えたところです。

 観る前は、昔の「転校生」的なお話しかな?と思っていましたが、
 そういうのじゃなかった。
 男女が入れ替わる所は転校生に似ているけど、ちょっとの時空のずれ、
 男の子瀧と入れ替わる女の子三葉。三葉の住む村は彗星の隕石のため
 今はなくなっている事。
 村人を助けるために翻弄する。そして数年後、お互い名前は記憶に
 ないけど、気配で察する。
 
 意味なく涙が溢れてきました。
 RADWINPSの「なんでもないや」という曲が、すごく染みました。
 「前前前世」も有名ですが、前者のほうがグッときます。
 
 とてもよかった・・・いい映画でした。



 「ノーゲーム ノーライフ ゼロ」
2017年09月13日 (水) | 編集 |


 娘が「映画を観よう!」と誘ってきたので、「いいよ♪」と
 付き合う事にしました。
 そしたら盛岡の映画館まで連れて行かれて、この
 「ノーゲーム ノーライフ ゼロ」
 を観る事に。
 うん・・・友達とは行けない映画かも!(笑)
 観客はそんなに多くなかったけど、ほぼ間違いなくオタク系男子でした。
 
 ライトノベルからアニメ化、コミック化しているようです。
 でも原作者のご主人は病気がちで、奥様(マンガ家)は産休に入ったり
 して、いろいろと大変そうです。
 原作者はマンガ家なのですが、体調が悪くて小説家に転身したそうです。
 コミックも下書きはご主人がして、奥様が清書しているそうです。

 映画は、アニメの内容の6000年前の話で、アニメを観ていない私には
 流れるままに観たという感じ。(笑)
 娘は要所要所で泣いていました。う~~~む。

 娘曰く、今の人間の価値は6000年前は「虫」みたいなもので、
 神の中でレアな人間や機械人間などの
 「首の採集」が流行っているとか!?
 まだ???なので、アニメ動画を探して観たいと思っています。

 画像は来場者特典の第1弾の冊子らしいです。
 都会ではロングラン上映しているので、第7弾まであるようですね。
 まぁ・・・楽しかったです♪(*^▽^*)